時計 バンド 交換

時計バンド交換方法の手順

【使用する工具】
バネ棒外しという時計バンド交換に必要な工具です。

 

【I型バンドの交換方法】
手順1
時計のケースサイドにある穴に、バネ棒外しを差し込みます。

 

手順2
押し込むとバネ棒が外れるので逆側も同じように外します。

 

手順3
バネ棒を新しいベルトにセットして穴に差し込みます。

 

手順4
バネ棒外しでばね棒の先端部分を押し下げて、穴に入れ込みます。
完全に取付けることができたかどうかを確認します。

 

【Y型バンドの交換方法】
手順1
時計ケースサイドに穴がない場合、時計とバンドの間にバネ棒外しを差し込んで
押し込みながらバネ棒を外します。

 

手順2
反対側も同じ要領でバネ棒を外します。
バネ棒を新しいベルトにセットして、穴に差し込みます。

 

手順3
バネ棒外しでバネ棒の先端を押し下げて、穴に入れ込みます。
完全に取り付けできたかどうかバンドを引っ張って確認します。

 

バンド交換の手順は意外と簡単なものです。
自宅でも気軽に交換できますし、必要な工具はバネ棒外しのみ。
工具がないからと細い棒などで代用される方もいますが
時計本体を傷つけてしまう可能性があるので、出来るだけバネ棒外しを
使用するようにしてください。

バンド交換だけで修理依頼できる?

実は時計修理店にはいろんなパターンがあり
バンド交換という修理名目のない時計修理店もあります。

 

●バンド交換くらい無料で行っているというお店
●バンド交換は修理・オーバーホール依頼された方のみ
●バンド交換は数百円で行っているというお店

 

この3種類のお店があります。
時計ベルトを購入すれば、無料で交換してくれるというところもあれば、
無料で時計バンド交換に必要な工具をプレゼントしてくれるというところも。

 

時計修理業者によって異なるため、一概にバンド交換ができる
業者だと紹介することはできません。

 

初めての人でも、バンド交換は5分もあればできます。
器用じゃない方でも、バネ棒外しを使えば全く問題ありません。
慣れると1分から2分で交換することができるでしょう。

 

今までバンド交換を修理業者に依頼していた方は、
工具を買って、ご自身で交換してみてはいかがでしょうか。
面倒だと言う方は、オプションや無料サービスとして
バンド交換を行っている業者を見つけておきましょう!

 

 

 

⇒《デイトナ修理》見積もりに不満を感じている方へ!トップへ